about "Ather's Plot Plan 2" アザーズプロット企画2とは
この企画は「誰かのプロットを自分が書いたらどうなるのか」「自分のプロットを誰かが書いたらどうなるのか」という経験を経て、執筆の勉強をしようという企画です。

プロットを提供し、自プロット作品と他プロット作品の計二作品を提供するプロット部門と、提供されたプロットから作品を執筆する執筆部門の二部門があります。
(詳細は下記にて)
それに伴い、提供したプロットを「自プロット」、提供してもらったプロットを「他プロット」と、呼称の統一をしたいと思います。
prerequisite 参加条件
◆ 完成作品を掲載できる自サイト、もしくは自スペースをお持ちの方
◆ 完成品の掲載を期日まで待てる方
◆ 完成した作品を最終日まで掲載し続けることができる方
◆ 完成した作品に「原作者名」を記載できる方
◆ 自プロットが変更されることを許容できる方(プロット部門のみ)
advertisement-plot class 募集内容-プロット部門
3月1日から先着順で5名様募集します。
(応募多数の場合、上限を引き上げることがあります)
→5名で決定しました(2014.01.03.)

◆ 事前提出:プロット一件  ⇒詳しくは「プロットについて」を熟読下さい
   ※プロット部門は、プロット提出をもって参加表明といたします
◆ 執筆作品:提出プロットの完成作品と、他者プロットを元にした完成作品
       詳細は「執筆について」にて

◆ 企画参加後の流れ
  1. プロット提出ならびに参加表明:3月1日00時00分から受付開始
  2. 自プロットの作品の執筆:11月29日まで
  3. 他プロットを受け取る ※1回限り交換ok :5月11日から5月20日まで
  4. 他プロットの作品の執筆:11月29日まで
  5. 作品掲載URLとタイトルの連絡:11月30日まで(早くても可)
  6. 他プロット作品に原作者の名前を記載する:11月30日に通達します
  7. 作品掲載:12月1日
※2、3、4は前後しても構いません
advertisement-write class 募集内容-執筆部門
サイト開設時より、締め切り4月30日まで常時募集します。

◆ 事前提出:なし
◆ 執筆作品:提供された他プロットを元にした完成作品一作品
       詳細は「執筆について」にて

◆ 企画参加後の流れ:
  1. 参加表明:4月30日まで
  2. 他プロットを受け取る ※1回限り交換ok :5月11日から5月20日まで
  3. 他プロットの作品の執筆:11月29日まで
  4. 作品掲載URLとタイトルの連絡:11月30日まで(早くても可)
  5. 作品に原作者の名前を記載する:11月30日に通達します
  6. 作品掲載:12月1日
plot 提出するプロットについて(プロット部門参加者のみ対象)
この企画はプロットをもとに作品が変わっていく姿を楽しむ企画でもあります。
そのためプロット部門では、予定していなかった展開、登場人物の変更などを許容できる方のご参加をお願いします。


◆ 内容条件:
  1. ジャンル問わず、ただしBLやGLは不可
  2. PG-12までの作品※レイティングについて
  3. 提出するプロットの想定ページ数は、最大80枚まで
  4. 新作であること(過去に掲載したことがある作品は不可)
  5. 読み切りであること(既出作の番外編は不可)

◆ 提出するプロットに必ず含めなければならないもの
  1. キャラクターひとり以上
  2. 世界観(時代、国など)
  3. 大雑把なストーリーの流れ
  4.想定枚数(最大80枚まで)
※プロットは事前提出となります。
write 執筆について(両部門参加者対象)
提出されたプロットの中からランダムに選ばれた提供プロットが送付されますが、1回に限り変更可能です。(プロット変更権の行使)
その際、1度目のプロットよりも2度目のプロットが難しくなっても変更は不可となりますので、変更権の行使の際は慎重に熟慮ください。


◆ 内容条件:
  1. ジャンル問わず、ただしBLやGLは不可
  2. PG-12までの作品※レイティングについて
  3. 執筆作品のページ数は制限なし
  4. 作品は全てのページを規定の期日に掲載する
  5. 他プロットの作品には必ず原案者の名前を記載する

○ 過去にあったプロットの変更例
  主人公変更 登場人物変更 舞台設定変更 etc...
rating レイティングについて
当企画では、「自作小説用・自主レイティング・マーク」様のご意見を参考に、PG-12までの作品を受け付けることにしました。大雑把に説明しますと、

【性愛】下着の露出、ディープキス、ほのめかしから軽度の性行為など
【暴力】流血を伴うアクション、暴力、殺人や拷問の描写など
【社会】恐怖を与えるホラー、身体障害、精神疾患、未成年の飲酒、喫煙など

となります。
なぜ、PG-12を選んだのか。

まず、「自作小説用・自主レイティング・マーク」様のPG-12の目安に、【図書館の一般書籍コーナーにある作品程度】との記載があります。これだけの枠の幅があれば、ある程度の作品は書けるだろう、というのが理由のひとつです。

ふたつ目は、なるべく多くの人に読んでいただきたいから。
この企画は、参加し執筆される方々はもちろん、ふらりと立ち寄って作品群を読むだけでも、十分勉強になる企画だと思います。
ならば、なるべく多くの人に読んでもらえるよう、極力年齢制限は設けたくありません。
しかし全年齢対象作品にしてしまうと、逆に書く側に大きな制限が発生してしまいます。
よって今回はPG-12を採用させて頂きました。

執筆される皆さまにおかれましては、なにとぞご理解いただけますよう、お願い申しあげます。
program
(予定)
2013/08/01 : 執筆部門受付開始
2014/03/01 : プロット部門受付開始
2014/04/30 : 参加者募集締め切り(プロット提出締め切り)
2014/05/11 : プロット配布
2014/05/20 : プロット変更権の行使締め切り
2014/11/29 : 執筆期間終了
2014/11/30 : 提出作品報告
2014/12/01 : 作品一斉公開
2015/02/28 : 閉幕

Photo by NEOHIMEISM / Design by x103